we support build your network.
topics
2022.01.20 更新

ピーター・ドラッカーの知識社会のネットワーク時代

21世紀の今は、ピーター・ドラッカーの言う"知識が唯一の生産要素である知識社会"を構成する小集団・専門家のネットワーク発展の時です。(Peter Drucker "ポスト資本主義社会")

パラダイム変換の時代のカタリスト、ネットワークメーカー、ファシリテーター

特色ある知識・技術を有する小集団・専門家のネットワークの活動が社会の発展をもたらしていくことは、パラダイムの大きな変化です。螢織好・ヨダは、小集団・専門家の発展、ビジネスチャンス創出のための橋渡し・ネットワーク構築に、そして21世紀を担う若い世代の発展のために、貢献して行きたいと思っております。

タスク・ヨダが提供したい機能と役割

  1. ベンチャー企業・中小企業のビジネス発展に必要なビジネスプラン、マーケティング、資金調達などの総合的な経営コンサルティング
  2. ベンチャー企業・中小企業トップの事業運営・ビジネス構築に関する基本的事項へのブレーンストーミング
  3. ベンチャー企業・中小企業の海外展開、特に米国シリコンヴァレー、中国上海、シンガポールへの展開のコンサルティング
  4. 特許・商標・著作権など知財について、権利取得の入口から、法的問題の解決、知財活用・技術マーケティングの出口までの総合的アドヴァイス
  5. トップの事業運営に関する基本的な悩みへの相談、助言
  6. ベンチャー企業・中小企業の活性化に必要な施策、課題の分析、課題解決のための提言

(詳しくはMissionをご覧ください。)

whats new
  • 2022.1.19
    日本開発工学会第8回総合シンポジウム「付加価値生産性の向上を実現するディジタル技術の応用とディジタル教育」に参加。
    ― 今回のテーマは、競争力を失ったと言われる我が国の製造業の生産性を回復させるためにディジタル技術がどのように貢献できるのかということだと思いますが、マテリアルズ・インフォマティックス(MI)を取り上げ、MI-6蠅瞭江 満氏と南部洋志氏の... [続き]
  • 2022.1.14
    JST第8回アジア・太平洋研究会「タイ王国との国際共同研究の30年」に参加。
    ― 東京大学 沖 大幹氏から、第4期ユネスコ国際水文学計画(IHP)の一環として1989年から東南アジア、特にタイでの水循環研究を開始し、2度にわたる地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)やJICA,文科省内部予算を使いながら、30年にわたって水循環と水資源にかかわる国際共同研究... [続き]